安く清潔に使える

「スクラブ」というドクターウェアをご存知ですか?

看護師

一般的なドクターウェアとして着用されていて、私たちが一番よく知っている「白衣」や「ケーシー白衣」を着用していることがことが多かった医療現場ですが、最近は「スクラブ」を導入する医療現場が増えています。 見た目は半袖のVネックになっており、手術の時にスタッフの方たちが着ている青色や緑色のモノが代表的なスクラブです。 なぜこのスクラブの導入が増えてきているかというと、他のドクターウェアに比べてのドクターウェアに比べて1着の値段が安いからです。 他の白衣類が3,000円から6,000円台なのに比べ、スクラブは安いモノでは1,000円台のモノからあります。 清潔感が重要視され、消費が激しいドクターウェアとして、一着の値段が安いということは使う側にとっては魅力の1つになります。

医療の現場で白衣より重宝されている要因はどのような部分なのでしょうか。

「スクラブ」とは、英語で「ゴシゴシ洗う」という意味で、強く洗っても大丈夫なほど、とっても丈夫な作りになっているドクターウェアです。 このスクラブは着替えも簡単です。 昔ながらのいわゆる「白衣」は、ボタンが引っかかったりして動きにくく、衛生管理の面でも多くの問題点があります。 そのため、海外ではすでに1990年代頃からスクラブが着用されていました。 すぐに汚れてしまう医療の現場では、着替えやすいうえに丈夫で、洗うことにも特化しているスクラブは大変好評です。 最近では医療の現場だけでなく、介護の現場やエステサロンなどでも使われるようになってきています。 さらに他のドクターウェアと違って、カラーバリーえーしょんも豊富なのが魅力のひとつとなっており、白衣を見ると緊張したり血圧が上がってしまう患者さんをリラックスさせる効果や、小児病棟ではキャラクターのついたスクラブを着用することで、子どもたちを和ませたりもしています。